JCP大阪中央~みんなで学んで、みんなで語って、みんなで守った大阪市
 皆さんからの応援メッセージお願いします。

 スマイルだより2021年3月号 



 スマイルだより2021年2月号 



 スマイルだより2021年1月号 



 スマイルだより12月号  



 大阪1区 民報 №2(2020.12.12)


(下記の画像の内容は、ビラを編集して割り付けを変えています。ご了解お願いします。なお、下部に印刷したビラと同じ内容のPDFファイルをダウンロードできるようにしています。ご利用ください。)
 スマイルだより 号外 Happy Smileより     

 スマイルだより10月号より(一部HP公開用に変えています) 

 スマイルだより8月号より 

 スマイルだより7月号より 

 スマイルだより6月号より 

 スマイルだより5月号より 

新コロナ問題ー不要不急を見直し、大胆な予算措置を 4月30日、2020年度の補正予算(総額25兆6914億円)が国会で採決され、日本共産党も含め賛成多数で可決・成立しました。

 日本共産党は賛成討論のなかで「一律1人10万円の現金給付は、世論の力が実現させたもの」と指摘し、「持続化給付金、地方創生臨時交付金など、さらなる拡充を課題としつつ、一刻も早く実現するべき施策」として賛成しました。

 補正予算の問題点としては、医療崩壊を阻止するための予算が極めて乏しい点や「自粛と一体の補償を」という国民の圧倒的多数の声に背を向けている点を指摘。またPCR検査センターの設置・運営のための大胆な予算措置などを求めるとともに、雇用調整助成金の手続き緩和・上限引き上げ、家賃などの固定費の補償、フリーランス、学生、文化芸術などへの支援の強化を求めました。

 その上で、政府がコロナ収束後の消費喚起策として1.7兆円も盛り込んでいますが、まずは目の前の感染爆発、医療崩壊を止め、暮らし・営業のために使うべきだと指摘しました。

さらに20年度本予算に計上されている沖縄 県辺野古の米軍新基地建設やイージス・アショア配備、カジノ推進などを執行停止し、コロナ対策として緊急に必要な医療と補償に回すことを提起しました。

(伊藤 仁裕)

【2面お役立ち保存版】より

(スマイル5月号より抜粋 2面印刷用PDF


 スマイルだより4月号より 
(スマイル4月号より抜粋)


◆JCP大阪№332号より「感染拡大を止めるために、新型コロナ対策は、自粛と補償一体で!」「新型コロナ問題緊急アンケート」(裏面)4月10日号より(印刷用PDF)

 
ご支援ありがとうございました


 2020年3月22日(日) 開票結果  


大阪市議会議員再選挙開票結果

 確定(開票率100%) 


党派 立候補者 得票数 結果
日本共産党 小川 陽太

3,650

 
大阪維新の会 塩中 かずしげ 10,177 当選
自由民主党 ごんせ 幸蔵 6,329  

(大阪市選挙管理委員会WEBより)




   小川陽太 中央区市会議員候補のごあいさつ  

小川陽太

 中央区のみなさん、中央区市会議員の再選挙でお世話になります小川陽太です。どうぞよろしくお願いします。

 私は平野区から市会議員に選出していただいて、2期8年、活動をしてきました。中央区には、中森さんという素敵な方が昨年4月の選挙で頑張られたことも知っていました。そんな中で、選挙区を変えてたたかうなど、あり得ないとも思っていました。平野区でも、当初は「禁じ手だ」「さみしい」など反対意見が出されましたが、最後は「大阪市廃止を止めるために、胸を張って送り出そう。自分たちもがんばろう」と意思統一をしてくれました。そして中央区でも力強く迎え入れていただきました。

 今回の選挙の大争点は、大阪市廃止・分割とカジノ誘致の是非です。「大阪市廃止のために税金を使うのは無駄。福祉や教育など使うところがある。反対です」と、ある方はアンケートに答えてくれました。「まだよく分らない」という方には、事実をきちんと伝えれば「反対」になってくれます。また、賛成という方でも、大阪市廃止のための金額を伝えると、「知らんかった」と変化します。

 中央区は人口が急増し、学校では、教室が不足しています。教育環境を改善しなければなりません。学童保育も足りません。学童の予算は7億円ほどで、大阪市の担当者も「補助額が少ないと驚かれる」と言うぐらい、必要なところに援助が届いていないのが現実です。

 「松屋町筋のバス路線を復活させてほしい」という要望も出されています。都心の真ん中のバス路線復活の願いに新鮮に驚きを覚えました。

 大阪市を廃止するための、 200億円を暮らしに回せば、このような要求は今すぐにでもできます。今回の選挙で、市政の流れを変え、くらし守る新しい政治をともにつくりましょう。




「2.16笑顔でつながる春~なんでも聞いてみよう!共産党」集会に寄せられた感想より

・辰己さん、田村さん~常に平和、平等、民衆の為、弱者の為、および儲け優先ではなく、真っすぐに真剣に「正義」を進める姿勢に尊敬と心強さにPowerを頂けました。中森さんに精一杯応援します!!

・各弁士のお話は、大変分かりやすく、来てよかったです。

・良かったです。頑張ってください。

・辰巳さんのあいさつ
 やっぱり勢いがあり、ホレボレします。アベ首相が恐れる議員を必ず国会に送って自公政権を退陣させましょう。
・田村さんのお話
 初めて聞きました。さすがです。最後の話の共産党の未来論、未来をきりひらく選挙をみんなでガンバロウの訴え良かったです。
・コーラスもよかったです。美しい歌声をきくとホッとします。
・4人の訴え、切実でした。
・中森さんを必ず市議会へ送ろうという決意をかためることができました。

・各弁士のお話に感動しました。力が入る中森ふみ子さんを市議会へ送りたい。

・辰己さん、田村さんの話よかった。共産党を大きくして政治を変えたい。中森さんのもよかったわ!
 

国がついた嘘の今と昔

 先日元海軍兵の瀧本那慶さんが97歳でなくなられた。彼は軍国少年で恩師の言う通り、お国のためにと17歳で海軍に志願。そこは上等兵のリンチで地獄だった。真珠湾攻撃・ミッドウェイ海戦に参戦し、九死に一生を得たもののまた南方の激戦地に参戦させられ、武器も食料もない中、次々に同僚たちは死んだ。この体験から「我々は10歳の頃からお国のために死ねと洗脳されて育てられた。私のように国に騙されることのないように若者の命を大切にしてほしい。国を守るより一人一人の幸せを守ってほしい」と語ってこられた。
 侵略戦争を正義の戦争との嘘で若者の命が散った「昔」、安倍政権の嘘と隠ぺいの強権政治で国民の暮らしが脅かされている「今」。地方選挙と参議院選挙で安倍政権に厳しい審判を下し、国民の未来を切り開きましょう
 (桃園 立川孝信 さん)

カジノより保育所を!

 維新の橋下市長の時、保育士一人で1歳児5人という基準を6人に改悪して補助金を減らしました。また、水道料金の減免制度を廃止したため、プールの回数を減らしている園もあります。カジノに使うお金があるなら、保育士さんの処遇改善を優先してほしいと思います。中森さんに期待しています。
 (あゆみ保育園理事長 楠田るみ さん)

カジノより国保料を下げて

 患者さんの中には国保料が高くて払えず無保険の方がいます。ヘルパーさんの加重労働や報酬の低さが問題です。維新の市長はカジノにのめり込んでいますが、4人の子どもの母親としても絶対大阪にカジノはダメ、中森さんにがんばってもらいたいです。
 (うえに生協診療所看護師長 植村京子 さん)

中森ふみ子さんに期待します

 なんで万博会場が金のかかる夢洲やねん。借金残ったら又税金で補てんする。
 中央区では市民と野党の代表は中森さん。期待し応援します。
 市民と野党共闘に期待する。
 (法円坂在住)

 政策 

《コロナ対策ーお困りごとは、日本共産党に相談してください》~お近くの事務所一覧、支援制度紹介、2面はコロナ問題緊急アンケート  

「20年秋冬 新型コロナ問題緊急アンケートページ ぜひ声をお寄せ下さい」(PDFファイルはコチラから)

日本共産党大阪府委員会 №369 2020年12月3日
(印刷用PDFファイルです)

 連絡先 

◆日本共産党大阪中央地区委員会
 〒540-0004 大阪市中央区玉造1-21-3
 ℡06-6762-6671 FAX06-6763-2716
 mail:info@jcp-osakachuo.org
 事務所マップPDF版(A4)